purestyle

記事一覧(31)

ハミングジョーさん訪問

さてさてインテリアの購入もいよいよ大詰めです。糸島のハミングジョーさんを訪問。北欧ヴィンテージ家具の購入に行ってまいりました。今回の置き家具の主役は遠賀の柴山家具さんとこのデンマークのヴィンテージです。ダイニングチェアと1人用のソファを選びました。ダイニングチェアは ニールス.O.モラーという人のNo75というもの、最近モラーの人気がグッと高まっているそうです。1954年発表のデザインです。ファブリックの張替えをオーダーしました。ソファは通称「シガーソファ」といわれる肘置き部分が葉巻にみたいだからそんな名前がついた小ぶりな一人掛け、ハンス.J.ウェグナーという人の1955年発表の名作GE240です。もう作っていないんですって!貴重~! 小ぶりな家なので、スペースもないし威圧感のある家具はアウト!柴山さんの家具も繊細かつ落ち着いた独特のフォルムをもっていますので、名作のヴィンテージ達とのコラボレーションが楽しみですね。製作者とコーディネーターの時間と感性が交わって、さてさていかなる空間が演出されるのでしょう。おそらく、「特に何も意識せず、ただ居心地がいい。」そんな空間になるでしょう。最高です!毎回丁寧なリペアで良い家具をご提供して頂くハミングジョーさんに感謝!皆さんもぜひお店に足をお運びください。【ハミングジョー】〒819-1614 福岡県糸島市二丈浜窪179-1 tel.fax 092-325-3690営業時間 11:00~18:00(水曜定休) 前原インターより約10分

2階和室って、ありな感じ。

PURE STYLEでは1階に家事室や収納などのワクワクする空間の提案をしてきましたので、和室を配置するスペースがなくなることが多いでした。1棟目は収納と回遊できる家事動線の確保のため和室はなし、2棟目はデッキに続く広いランドリールームを作ったので2階に、3棟目も広めの家事室を作ったので和室は2階に、4棟目は1階に通り土間と主寝室を持ってきましたのでやむなく2階に。最近は和室がない家も増えてきていますが、分譲住宅として販売もするPURE STYLEはやはりタタミがあったほうがほっとするというか安心するという意見も・・こう表現すると、やはり日本人なんですかね~。PURE STYLEは完全なモデルハウスじゃありませんから、なるべく普通(いま風)の間取りをベースにちょっとスパイスを入れていく作り方をします。少しだけ背伸びして・・みたいな。そこが皆さんに親しんでいただける部分なんじゃないでしょうか。雑貨にしても、「あ、これ知ってる~、あそこのあれだよね~、ちょっとだけ高いんだよね~、欲しかったんだよね~」的なモノを選んで置いてもらってました。これがPURE STYLEをつくってくれたメンバーの仕掛けなんです。ワクワクする仕掛け。ちょっといい生活のイメージがわく雑貨や家具。「欲しい!」ものをさりげなく提案する。これって会社として提案するのは意外と難しいんですよね~。だいたい、「●●スタイル」どうだっ!みたいな、ママが考えた家!みたいな、いかにも女性目線のようですが、センスのある女性の好みがわからないおじさんが手を加えてしまい暑苦しい提案になっちゃうんです。大手メーカーさんなどはコーディネーターさんがついちゃったりするとこれまたまずい。カタログそのままのものを入れたり、お高いセレクトショップのショウウィンドウのディスプレイがそのままきたり、高いものいれているのにフツーって感じになったり、もっとこの家での生活を楽しくイメージできるようにバランスとろうよって思います。そんなこんなですが、今回はあまりモノをいれないようです。ちなみに和室というかタタミスペースは1階にもってきました。おおきな家事スペースもありません。こう書くとちょっと物足りない家みたいですが・・・見どころはいっぱいあるので大丈夫。充分生活のイメージを楽しんでもらえるはずです! 長くなりすぎました。結論は2階が和室でも大丈夫!です。*悠悠ホームのPURE STYLE5は11月下旬オープンです お楽しみに!(広報企画課)